2006年06月26日

関クラ順位決定戦 川崎フロンターレU-18戦

やりかけの未来」さんに目つけられちゃったよ、ここ。
というわけで今後のユースの試合の記録担当になりました。
というかさせられたっていうほうが正確かな?笑
レポを読みに来た方には申し訳ないですけど途中まで完全に
普通の日記ですから適当に飛ばして読むのがベターですよ。

ということで初めて那須スポーツパークに行ってきました。
まず24日のお話から。
マリノスの試合は15:00からだったのですが、
一番最初の試合に間に合うように東京発7:40の新幹線に乗ろうと
思っていて木曜日だかに横浜駅で「指定席ねーの?」と聞いたら
「そんなもんとっくにねーよ」と言われました。
ひょっとして各チームのユースサポで満席なのか…なんて
思ったけどさすがにそれはありえないですよね。
とりあえず一本前の6:44発の新幹線の指定席をキープと
いうことに相成ったわけであります。

ところがですね、6:44に東京駅って言われてもですね、
5時半起床はさすがにきついんですよ、私には。
平日でもそんな時間に起きるわけないですから。
そして案の定寝坊するわけです。期待通り。
しかしですね、世の中自由席というある意味素晴らしいものも
あるわけで、ちょっと早めに東京駅行って並んだら7:40の
自由席座れました。まぁ結果オーライです。お金損しなかったし。

それでもって寝てたら勝手に那須塩原に着きました。
しかしまだまだ安心できないのが今回の遠征。
果たして生きたまま再び那須塩原駅まで帰ってこられるのだろうか…

那須塩原駅に観光案内所があったのでとりあえず襲撃。
すると行きは事前情報で全く問題なしで、帰りも25分ぐらい歩けば
別の路線のバスがあるから生きて帰れますよよかったですねと
言われ(てません、もちろん)、安心してバス停へ。
そしてやってきたバスはマイクロバス。
そして乗客は"偶然にも"行き先が同じであろう方が何名か。
そして途中から地元のおばあちゃんたちが乗ってきて、
親しげに運転手さんとお話してました。
普通バスなんて乗っているときには音楽でも聴きながら
景色見てボーっとしているんですが、今回ばかりは
運転手さんとおばあちゃんの会話に全神経を集中させていました。
国際化が叫ばれる昨今やはりリスニングの能力を高めることは
非常に有益なわけで、トレーニングにはいい機会だと思ったわけです。

うーん…内容は大体わかるけど…

というぐらいですかね。結構歯ごたえありますね、あれは。
ま、こういうのも遠征の楽しみの一つなのであります。

今回はバス停のない那須スポーツパークの前では降ろしてもらえず、
おばあちゃんたちの指示に従って最寄り(?)のバス停で降車。
おばあちゃんたちも同じバス停で降りて道だけ教えてもらって
お礼を言ってお別れしました。
そして同じバスに乗っていた"偶然にも"行き先が同じだった
方たちの中のお一方とご一緒したのですが…
その方は俺がこのブログの管理人だって見破るの早すぎ!
まさしく秒殺でした。なんでかって俺に那須スポーツパークまでの
行き方教えてくださったのがその方だったわけです!!
こりゃすでに偶然とはいえなくなってますね。実は必然でした。
ブログやってるとこんなこともあるんですねぇ。

会場に着くとまもなく第1試合開始というところで、
まずはヴェルディ対レッズを観戦。
簡単に内容を述べますとレッズ先制、ヴェルディ同点、
レッズ追加点、ヴェルディ終了間際に同点。
PKは5-4でヴェルディの勝ち。以上。
もう三行だけ書いておくと、レッズの方が押してました。
やっぱりヴェルディ今年はイマイチなんだろうか??
そこまで強さを感じないんですよね。
それでも勝っちゃうあたり勝負強さはあるのか。
やべ、四行書いちった。
第2試合は大宮-鹿島とFC東京-柏を行ったりきたり。
印象に残ったのは大宮サポの方のみ。これは後ほど詳しく。

ということで試合の詳細を求めて「やりかけの未来」から
いらした皆さん、お待たせしました。

横浜F・マリノスユース 2−0 川崎フロンターレU-18

試合前

<得点>

前半20分 山岸純平
後半30分 端戸仁

<メンバー>

−−−−−木村−−−−−
−水沼−−森谷−大久保−
−−−山岸−−幸田−−−
武田−−−−−−−−金井
−−−田代−−広田−−−
−−−−−佐藤−−−−−

<選手交代>

後半19分 大久保翔→端戸仁
後半25分 木村勝太→谷島央規
後半32分 水沼宏太→高久朋輝
後半44分 金井貢史→甲斐公博

<できごと>

前半

4分 幸田のミドルシュートは力なくキーパー押さえる
13分 中央で大久保からのパスを受けた森谷がシュート
    これはGKが弾く
19分 武田の右からのFKに水沼ヘッドもゴール上に外れる
20分 左サイドの水沼から右サイドのスペースにサイドチェンジ
    山岸がボールを受けて中央の木村にパス
    木村がキープしてる間に山岸が中に走りこんできて
    木村から山岸にパス これを受けた山岸の左足でのシュートが
    決まってめでたく先制!
26分 川崎 右サイドからドリブルで切れ込みフリーで
       放たれたシュートを佐藤弾く
       弾いたボールを別の選手がシュート打つが左に外れる
30分 川崎 右からのCKにヘッド 枠を捉えるもDFがクリア
35分 川崎 マリノスのCKからカウンター
       右サイドからのクロスは惜しくもフリーの選手の
       頭の上をわずかに超えていく
40分 川崎 広田とのボールの追いかけっこに勝った選手が
       シュートを放つも佐藤セーブ
44分 左サイドの水沼から浮き球で縦パス
    これを森谷がダイレクトでシュートを打つがゴール右に外れる
後半

1分 川崎 左サイドからのクロスを中央でトラップしてシュート
       佐藤がこれを弾いてこぼれ球はDFがクリア
9分 CKのクリアボールを拾って金井がロングシュート バーに当たる
10分 森谷のミドルシュートはゴ−ル上
13分 森谷が左サイドからシュートもGKセーブ
16分 川崎 左からのクロスを頭で合わせるもゴール左に外れる
17分 山岸にイエローカード
20分 水沼のロングシュートはゴール右
23分 川崎 左サイドからのスローイン バウンドしたボールが
       武田の頭を超えフリーの選手にボールが渡る
       DFに戻ってきた選手を一人かわしてから
       シュートを打ったがこれは佐藤がセーブ
26分 右サイドから谷島がドリブルから中央に
    走りこんできた金井にパス 
    GKも出てきて先にボールに触ったのはGKだったが
    リフレクションが金井に当たって惜しくもゴール右に外れる
30分 幸田から左サイドの端戸へパス
    これを端戸はドリブルから冷静にシュートを決める 二点目
34分 森谷から左サイドの幸田にスルーパス
    その後のシュートはDFに当たる
35分 森谷のミドルシュートはゴ−ル右に外れる
36分 中央の山岸から左サイドの武田にパス
    武田はこれを思い切ってミドルシュートを打つが右に外れる
37分 川崎 左サイドからのクロスを頭で合わせるも右に外れる
40分 谷島がくさびのパスを受け、反転してシュート GKセーブ
ロスタイム 谷島のパスを受けて金井がミドルシュート これはゴール上

<感想>

決めるべきところをきっちり決めた
マリノスが勝ったという所でしょうか。
うちがボールを持つと川崎は最終ラインを5枚にしてしっかり
守ってきました。しかしあちこち芝がはげてしまっていたり、
アーリアがいないことが影響したのかあまりつないでいくことなく
長いボールが多かったです。
全体的にみんな動きが重いというかキレがない感じ。
それでも前半20分に山岸が先制して前半終了。
内容が悪くてもリードするあたり手堅い戦い方が
できているといえなくもない…のか?

後半はいきなりピンチから始まりますが佐藤のナイスセーブで
しのぎました。佐藤はこのあともファインセーブあり、
タイミングのいい飛び出しありといい出来でした。
追加点は幸田のパスを受けた端戸が決めました。

川崎で一番危険な選手だったのは10番の選手でした。
DFと一対一で果敢にドリブルで勝負し何度かフィニッシュまで
持っていかれました。一対一の対応はうちのCB陣の一番の課題のような
気がしてるんですがどうでしょうか。

なんか決勝見た後に書いているから記憶がかなり飛んでます(汗)
しかし純平が決めたのでそれで大体俺は満足なわけです。

この試合はピッチ全体が見渡せる崖の上みたいなところで
見ていたんですが、試合終了後はバモってた皆さんと合流。
その時点で俺は『「マリノスとマリノス」の人』ということが
知れ渡っていて初対面の方ばかりなのになんか不思議な状態。
つうかみんなこのブログ知ってるんだなぁ。ありがたいことです。

今回那須で出会った方たちには本当にお世話になりました。
帰りのバス停まで車で送っていただいたり、一万円札しか持ってなくて
バスの料金が払えないところでお金を貸していただいたり、
お茶やお菓子をわけていただいたり、
決勝では椅子を貸してくださったりなどなど
皆さん優しい方ばかりでいろいろ助かりました。
このレポは皆様のご協力によって成り立っております。
ありがとうございました。

というわけで那須塩原駅で皆さんとは一旦別れて仙台へ行ったとさ。

つづく
(あ、大宮サポさんのこと書くの忘れた、明日だ、明日!)
at 01:46│Comments(3)TrackBack(0)ユース2006  |

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うれ   2006年06月26日 02:49
そうか、山岸のゴールはそういう展開だったのか。やっぱ、こいちゃんに振って正解(笑)
2. Posted by chip   2006年06月26日 13:15
いつも詳しいレポートありがとう。
私は会場到着までの出来事も、試合内容と同じくらい楽しみにしておりますです(笑)
3. Posted by こいちゃん   2006年06月27日 01:44
>うれさま
この試合は上のほうから見てたからピッチ上の様子がよく見えたんですよ。
記録係的には落ち着いて見てた方がいいけど、決勝戦みたいに一緒に見るのも楽しいんで悩ましいところです。
東総ではどうやって見ようかな〜

>chipさま
いつも読んでいただいてありがとうございます。
ディープな読み方されてますね
(笑)すごく嬉しいです。
これからもこの調子でやっていきますのでよろしくお願いします!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: