2006年07月04日

プリンスリーグU-18関東 #8 市立船橋戦

後半第4審が示したロスタイムは4分。スコアは2−2。
勝たなければグループ1位の可能性がなくなる市立船橋は
同点にされてからロングボール、ロングスローを使った攻撃を
執拗に繰り返してきていたが、マリノスはそれをしのいでいた。
残り1プレーか2プレーというところで、突然の笛。
スタンドからは何がなんだか全くわからない状況で
広田にこの日2枚目のイエローカード。退場。
明らかに納得のいっていない憮然とした表情で引き上げる広田。
他の選手も落ち着きを取り戻せないまま市立船橋のFKで試合再開。
ボールの位置は左サイドのハーフウェーラインから少しマリノスの
ゴール側に寄ったところ。ゴールまでは相当な距離を残していて、
時間がないので当然ゴール前に放りこんでくる。
この日終始マリノスを悩ませ続けた強風は最後の最後まで味方せず、
佐藤が懸命に腕を伸ばしたが風に乗ったボールは誰にも触れず右の
サイドネットに突き刺さった。マリノスの選手は次々に膝を落とし、
直後に試合終了の笛。
俺は目の前で何が起こっているのか正直よくわからなかった。

いつもなら負けた試合であろうが試合終了後は速やかに整列して
挨拶を済ませるが、この日はいつもと様子が違った。
先程のイエローカードの判定についてであろうか、
選手達が主審に説明を求めている様子だった。
当然判定が覆るわけはない。そのことを理解し冷静さを保つ選手も
いたが、ある選手は怒りがおさまらずピッチで何かを芝に叩きつけた。
その後市立船橋のベンチへの挨拶も済ませマリノスのベンチに
戻ってきたが、その選手は再び激高し他の選手やスタッフに
押さえつけられる。
彼の行為は決して褒められる行為ではないが、
彼にとって余程許しがたいことがピッチ上であったのだろう。
あの行為は試合にかける彼の熱い思いの現われだったと思う。

帰りに東京駅でサポの皆さんと別れるとき、この前と同じように
「また来週!」と言葉を交わしました。そう、来週があるのです。
来週は勝ちましょう。絶対に勝つ!!!!


横浜F・マリノスユース 2−3 市立船橋高校

<得点>

前半6分 市立船橋
前半16分 木村勝太
後半22分 市立船橋
後半34分 斉藤学
後半44分 市立船橋

<メンバー>

−−−−−−木村勝太−−−−−−
−水沼宏太-森谷賢太郎-大久保翔−
−−−山岸純平−−幸田一亮−−−
武田英二郎−−−−−−−金井貢史
−−−田代真一−−広田陸−−−−
−−−−−−佐藤峻−−−−−−−

<選手交代>

後半21分 水沼宏太→斉藤学
後半30分 森谷賢太郎→谷島央規
後半38分 金井貢史→奥山正洋
後半44分 大久保翔→端戸仁

<試合経過>

前半

6分 市船 左サイドのロングスローから右サイドの選手に渡り
       ボレーシュートが左隅に決まる
8分 佐藤のパントキックが風に乗りワンバウンドしてバーの
    上を越える
15分 市船 ロングスローからの中途半端なクリアを拾って
       ミドルシュート これは佐藤の正面
16分 右サイドの水沼からライン際に開いた森谷へ
    森谷はダイレクトで中に折り返し走りこんだ木村が
    押し込んで同点に追いつく
18分 市船 左サイドを抜け出してのシュートは佐藤が弾いて
       田代がクリア
19分 市船 市船のCKのクリアボールをつないでミドルシュート
       DFに当たってCKに
21分 田代が中盤で奪ってすかさずロングシュート GKキャッチ
29分 中央の幸田からのパスを右サイドの水沼が走りこんできて
    シュート これはGKが弾く
30分 CKのクリアボールを拾って金井がミドルもゴール右に外れる
35分 市船 金井のパスが高い位置でカットされ、FWにパスが渡る
       サイドに流れながらのシュートは佐藤の脇を抜け
       ゴールに向かって転がるが広田がギリギリでブロック
37分 佐藤からのカウンター 大久保→山岸→木村→大久保と
    ワンタッチでつながり大久保は右サイドから中央に
    ドリブルで切れ込む ゴール正面やや右で倒されFKに
38分 このFKは森谷が直接狙ったがGKが弾く
    広田が拾ってミドルシュートを打つがDFに当たる
44分 市船 左サイドの選手からのサイドチェンジを受けた
       選手がフリーで中央にクロスをあげる
       中央の選手もフリーでダイレクトボレーを
       狙うが空振りして軸足にボールが当たる

後半

6分 大久保バックチャージでイエローカード
8分 市船 右サイドから中央→左サイドへとつなぎ
       フリーでのシュート 佐藤ナイスセーブ
10分 市船 左サイドからのアバウトなボールがバウンドして
       右サイドの選手へ ボレーはゴール右
15分 左サイド武田からのクロスはクリアされるもそれを山岸が
    ダイレクトでシュート ゴール上に外れる
16分 市船 左サイドの浅い位置からFKゴールに向かうボールは
       DFに当たって辛うじてゴール右に外れる
17分 市船 右からのCK中央頭でつないでフィニッシュも頭
       ゴール上に外れる
18分 市船 16分と同じようなボール 今度は佐藤がパンチングでCK
20分 広田がPA内で市船の選手を倒してPK 広田にはイエローカード
22分 市船 PKを決めて1−2
26分 右サイド浅いところからの武田のFK 混戦から山岸が
    シュートを放つが惜しくも右に外れる
28分 森谷がFKを直接狙うがゴール上に外れる
29分 市船 左サイドからのクロスを佐藤がビスティング
       FWに前にこぼれるがDF何とかブロック
34分 左サイド大久保がキープしている間に武田がオーバーラップ
    大久保からスルーパスが出て武田がダイレクトで低いクロス
    中央に飛び込んだ学のダイビングヘッドが決まる
ロスタイム 広田に二枚目のイエローカード
ロスタイム 市船 左サイドの浅いところからのFK
          長いボールは風に乗ってそのままゴールへ

<つけたし>

試合のポイントとしては試合開始から吹いていた強風があげられます。
前半はマリノスが風上でした。しかしこれがマリノスにとっては
苦戦の原因の一つになりました。
いつもなら届くはずのロングボールに届きませんでした。
一方市船にとっては普通なら届かないロングボールに
届いてしまいます。前半に市船の監督から飛んだ指示は
「(前線へのボールは)アバウトに」というもの。
強風で押し戻されてバウンドしたボールに詰めていくのは
確かに現実的なやり方でしょう。
試合経過を見ていただければわかるように市船の方が
チャンスをつくりマリノスにとっては厳しい試合でした。
それでも一点目につながった森谷のダイレクトパスは
彼のサッカーセンスあふれる素晴らしいパスだったし、
2点目の武田の鋭いクロスと学のヘッドには思わず席を
飛び上がってしまいました。非常にスーパーなゴールでした。
しかし大きなチャンスはこの二つだけ。
試合終わった直後はいろんなことを冷静に考えるのは無理でしたが、
一日たってみるとちょっとうちが勝つには内容的に
厳しいゲームだったのかなという気もしてきました。
最後の最後で決められてしまってグループ1位決定は最終戦に持ち越し。
詳しい状況はこちらにまとめられています。
余談ですけどあの日東総運動場に女子高生いたっけなぁなんて
思い起こしてみましたが、確かにいたな(笑)
あの人が中の人だったのか!!と確信したというのはどちらかといえば
冗談ですけど中の人が更新してくれたことと、
なんとこのブログの更新を楽しみにしていただいている
(どこを気に入ってくださったのか謎ですが…)ということで
ダブルで嬉しいです。更新し続けることの大変さは俺も
身をもって体験しているので毎日とはいいませんが
暇なときに更新してほしいな〜。中の人無理のない程度に
頑張ってください!
今日は"La Guarida"さん経由でここに来た人の数がすごいです。
中の人が更新するのみんな待ってたんでしょうね。

"La Guarida"さん以外にも最近リンク張ってもらってるところが
ひそかに増えていてメチャクチャ嬉しいです。
管理人的には秘密のヴェールに包まれたままでいるのも
悪くないと思っていたのですが近頃正体が暴かれ始めたので
多分ディスクローズしていく展開になりそうです。
先に言っておきますが皆さんよろしくお願いしま〜す。

ちょっと話が戻りますが今回はいろんなサポさんが
乗り合わせたバスに乗って東総運動場まで行きました。
特に那須でであったお姉さま方にはかわいがっていただきました(笑)
他称ナンパ師にナンパされたりお菓子分けてくれたり
口内炎を気遣ってくださったり(涙)
ちなみに東京駅で皆さんとお別れしたあと友達とご飯を食べたんですが、
口内炎には豚肉ということで沖縄料理を食べに行きました。

沖縄料理

相方がもっと食べてくれればソーキそばまでいけたんだけどな…
ともかく豚肉のおかげか快方に向かっております!

さて次のレッズユースとの試合は日曜日ですが中の人も
おっしゃっているようにマリサポ「全員」で小机集合ですよ!
当日は10時集合でダンマク張ったり歌ったりするそうです。
マリノス系のダンマク持ってらっしゃる方はぜひとも
当日持ってきてください。みんなで選手達の後押しをしましょう!
at 01:09│Comments(0)TrackBack(0)ユース2006  |

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: