2006年07月11日

プリンスリーグU-18関東 #9 浦和レッズユース戦

見た目とは違って意外にたくさん食べる人で、
酒が大好きなくせに実は甘いものにも目がなく、
それでいてちょっとお茶目な25歳男性が管理人という設定の
当ブログをいつもご愛読いただきありがとうございます。
今回も新たに「読んでます」と言われてしまいました(照)
おだててレポ書かせようったってそうはいかないぞ!

というわけでプリンスのグループリーグも最終節ということで
グループ1位と高円宮杯出場がかかった大事な試合だぞ!という
当ブログでの叫びがどれぐらい届いたのかはわかりませんが
いつもより明らかに多くの皆さんが小机に集合しました。
試合開始1時間前にはダンマクも随分張られていて雰囲気よかったなぁ。
おそらく今回初めてユースを見に来た方もいらっしゃったでしょう。
そんな方々にもユースの魅力を感じることができた試合だったと
思います。もちろんそんな空気を作ることができたのは
選手達だけでなく小机に集まった皆さんのパワーが結集したからです。
これからもっともっとユースが盛り上がっていけばいいな〜

1時間前に小机駅側から来た私ですが、土手側のダンマクはほぼ
張り終わったということでメイン側に張りに行くのをお手伝いしました。
そして今日の仕事場を確保。(みんな俺に仕事押し付けやがって…)
ところでメイン側でダンマク張っている間にとある情報筋から怪情報が。

「レッズがソックス忘れてきてるから不戦勝になるかもしれない」

そんなバカなと思いつつアップ中のレッズの選手を見に行くと、

あれ?

何人かは履いているけど確かに忘れてきてるっぽい。

かなり前にサンフレッチェ(だったと思う)の選手がユニフォーム忘れて
サポから借りて試合に出たなんてことがありましたよね?
あれを思い出しました。
結局どこかから調達してきたらしくソックス履けたのは10分前。

今回はこの日試合に出られない選手達も含めて全員の名前をコール。
一番最初の陽介のコールの時にはこのダンマクが。

焦らず頑張れ待ってるぞ

かくして重要な試合はキックオフ。

円陣


横浜F・マリノスユース 4−2 浦和レッズユース

<得点>

前半23分 森谷賢太郎(PK)
後半2分 武田英二郎
後半12分 斉藤学
後半15分 レッズ
後半34分 レッズ
後半44分 金井貢史

<メンバー>

−−−−−−木村勝太−−−−−−
水沼宏太−-森谷賢太郎-−斉藤学−
−−−アーリア−−山岸純平−−−
武田英二郎−−−−−−−幸田一亮
−−−田代真一−−奥山正洋−−−
−−−−−−-佐藤峻-−−−−−−

<選手交代>

後半18分 木村勝太→谷島央規
後半33分 武田英二郎→金井貢史
後半39分 森谷賢太郎→西脇寛人
後半39分 水沼宏太→端戸仁
後半44分 斉藤学→出口将司

<試合経過>(赤いのは浦和側の攻撃)

前半

3分 右からのFK 武田直接狙うもゴールの上
5分 武田の右CK ファーの水沼ヘッドもゴール右に外れる
9分 右サイドからシュートもゴール上に外れる
11分 左サイド突破して中央フリーの選手へクロス
    胸トラップからのハーフボレーはバー直撃

15分 水沼左サイドをドリブルで上がり中に切れ込んでミドル GK正面
17分 左サイドワンツーで抜け出した武田がシュート
    GKが弾いたところを学が頭で押し込むがゴール右に外れる
19分 左サイドからのシュートはゴール右に外れる
22分 学が左サイドPA内で倒されPK獲得
23分 PKを森谷が落ち着いて決めて先制
25分 奥山のカットから水沼にスルーパス シュートはGKが弾く
27分 右からのCK ファーの選手が受けて中に折り返しシュート
    DFがブロックしてこぼれ球を再びシュートもゴール上に外れる

29分 左サイド森谷から学へパス 学は一人かわしてシュートも右に外れる
30分 左サイド奥山をかわしてシュートも佐藤が弾く
31分 右サイドからの速いクロスに飛び込みあわやのシーンも
    オフサイドの判定

37分 右サイド幸田からのクロスに木村ボレーもゴール上に外れる
38分 左サイド森谷から学にスルーパス シュートはGKセーブ
42分 左サイド武田のクロスに学が中央で擦らせてファーの
    木村がボレー ゴール上に外れる
ロスタイム 左からのCKにヘッドもゴ−ル右に外れる

後半

1分 右サイドのクロスが枠に飛んでくるが佐藤パンチング
2分 武田の右サイドからのFK ニアに田代が飛び込むが
    誰にも触れずにゴールイン 2−0
9分 相手CKからのカウンター 佐藤から左サイドのアーリアへ
    アーリアは右サイドの水沼へサイドチェンジ
    水沼のクロスに上がってきた田代がヘッドもGKキャッチ
11分 奥山にイエローカード
12分 左サイドからのアーリークロス
    中央の木村の頭は越えるが右サイドに走りこんだ学が
    受けて右足で左サイドネットに決める 3−0
15分 中央から左サイドフリーの選手へパス
    佐藤との1対1を決めて一点返す 3−1

16分 中盤の木村から前線に飛び出す学に絶妙パス
    学はゴール前で倒されるものの笛はなし
27分 武田の右CKに田代ヘッドもDFに当たる
32分 水沼左サイドから中央に切れ込みシュートも左に外れる
34分 左サイドでマリノスのクリアをカット ボールをつないで
    中央ドリブル突破からのシュートが決まる 3−2

35分 右サイドからのクロスをファーで折り返し
    中央からシュート これは佐藤の正面

36分 左サイドドリブルから中央に切れ込みシュート 右に外れる
37分 アーリアにイエローカード
39分 右からのFK 低いボールに合わせるも佐藤スーパーセーブ
    と思いきやオフェンスのファウルだったらしい

41分 西脇にイエローカード
41分 右サイドからのFKは中央で合わず
43分 山岸にイエローカード
43分 右からのFKは中央で合わず
44分 アーリア左サイドでキープしている間に金井が追い越す
    アーリアからのスルーパスを受けてGKと1対1になった金井が
    冷静に右のサイドネットに流し込みダメ押し 4−2

<コメント>

雨は幸い降らなかったものの蒸し暑い中での試合になりました。
始まってすぐの時間帯はマリノスがレッズ陣内で
ボールを動かしてマリノスが押し気味の展開。
対するレッズは長いボールを使って前半は幸田の
裏のスペースばかり狙ってきました。
最初の決定的なチャンスは前半11分のレッズの攻撃。
奥山がかわされて完全に1点もののシュートでしたが
幸運にもバーに救われました。
このあとは右サイドのケアのためか田代と奥山が頻繁に
ポジションチェンジを繰り返していました。
奥山は序盤はやや不安定なところを見せていましたが
前半25分にはタイミングよく飛び出してのカットから
決定的な場面を演出するなど次第に落ち着いていきました。

それより今回ヤバかったのは中盤でのパスがメチャクチャ雑だったこと。
この点は試合を通してなかなかうまくいきませんでした。
守勢に回ると脆さが出てしまうこのチームにとっては要注意!
純平あたりは激しい当たりを見せて気合が入っているのが
見て取れたけどパス回しのときにみんな若干空回り気味だったかな?
最近の試合では結構こういうのが多いのでこれから気をつけないと。
という具合にリードしながらも楽観できない内容で前半終了。

後半開始。
ぜひとも追加点が欲しいところですが、始まってすぐに
相手の右からのクロスが枠に飛んできて俺はちょっと
ビックリしたけれど佐藤は落ち着いてパンチング。
この日の佐藤は安定感がありました。
この後すぐにチャンスがやってきます。
右サイドからのFK。これは武田の位置。
このあたりでのFKからいくつも点を取ってきた印象ですが、
今回も武田はいいボールを蹴ってきました。
中央に送り込んだボールは強いボールではなかったものの
キーパーが飛び出せない絶妙の位置へ。
おまけにニアに田代が飛び込んできてキーパーの反応も遅れました。
バウンドしたボールがそのままネットを揺らし2−0!

2−0となっても攻撃の手を緩めるわけもなく、
鮮やかなカウンターから田代のヘッドでゴールを脅かすも
惜しくもキーパーの正面。しかし後半12分、学がDFの裏に
走り込みゴールを決めました。学は敵からしてみたらあどけない
顔をしておいてプレーがかなりえげつない(笑)
絶対敵にしたくないよ、ああいう選手は。

さてこれで3−0。サッカーで一番怖いといわれる2点差は
乗り越えましたがこの試合はまだまだもつれてしまいます。
後半15分には完全に崩されて失点。そして後半34分には
クリアしきれなかったところからつながれて1点差にされてしまいます。
さらにマリノスはこのあと自陣で多くのファウルを犯して
立て続けにピンチを迎えてしまいます。
もうスタンドは緊張感たっぷり。本当にドキドキしたよ。
しかししかし、試合終了を間近に迫った時間に、
アーリア(この日は代表の疲れやら何やらで動きはよくなかったけど)の
スルーパスを受けた途中出場の金井がものすごく冷静に
ゴールに流し込んで4点目!!!!!!!!!!!!!!!!
これで現場は大騒ぎ。重苦しかったものも全部吹き飛びました。
土手の方は見てなかったけどすごかっただろうなぁ…
ピッチでは選手や監督たちがみんな抱き合って大喜び。
佐藤もベンチまで来てたぞ(笑)
言葉では表現しきれない本当に素敵な瞬間でした。
今日になっても思い返してニヤニヤしてる俺がいます。
まもなくしてタイムアップ。完全にお祭り状態。
試合後は森谷のための「アシスト王」ダンマクまで登場して
土手側では選手・サポみんなで写真撮影。

最高!

残念ながら俺はスタンド側にいたので俺は写れなかったし
何が起きていたかわからなかったけど、
うちの姉妹ブログ「やりかけの未来」さんのところで
森谷が絶叫する様を見ることができます!

何はともあれめでたい。グループ1位と高円宮杯出場が決定。
沢山の人が来てる中でみんなで喜びを分かち合えて本当によかったです。

これで次の試合は17日の海の日に16時から秋津サッカー場で
湘南ユースと優勝決定戦です。
今回の勝利に味を占めてしまった方、そうでなくてもお暇な方は
ぜひ秋津へ。有料なんですけどね…いやいやそれでも行きましょう!

ちなみに今回の試合後は一部のサポが集い祝勝会が行われ
昼間からビール飲んでワイワイやっていたらしいです。
個人的にはこの宴で新たな発見というか俺の予想が
的中していたことがあってすごくうれしかったんです。
残念ながらこれは多くを語れないし語るつもりもないですけどね(笑)
また楽しく飲めるといいなー

というわけでおしまいです。
1日たって記憶もアレなのであっさりめで(ウソ)お送りいたしました。
at 00:03│Comments(0)TrackBack(1)ユース2006  |

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ☆プリンスL関東最終節 浦和戦  [ GO THE DISTANCE! Marinosta ]   2006年07月11日 06:33
日産フィールド小机でのプリンスリーグを見てきた。マリノスのユースの試合を観戦するのは初めて。いつも横目で眺めて素通りの小机フィールドをじっくり見るのも初めて。試合開始までしばらく散策。グラウンドの向こうにいい広場があるのを初めて知った。自分の知ってる....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: