2006年08月01日

全クラグループリーグ#1 大分トリニータU-18戦

前日は飲み会で当然のように2次会に誘われたのですが、
「明日早いんですいません」と抜け出してしまいました。
ほとんど俺自身が主賓の飲み会だというのになんて勝手な奴だ(笑)
どう考えても感じ悪い人です、ごめんなさい。
「明日から全クラですよ?行かなきゃダメに決まってるじゃないですか?」
とかなんとかいって話が通じる世界にいられればいいんですけどね。
なかなかそうもいかないようです。
半ば逃げ出すように家に帰ってきたのは11時半ごろ。
そこから次の日の支度なんかして結局眠りについたのは12時半ごろ。
目覚まし時計は4時半にセット。
ここから普通の何もない休日なら朝目覚ましが鳴っても無意識のうちに
止めてそのままもう一度布団に直行というパターンですが、
さすが年に一度の全クラともなると俺のモチベーションも高いらしく、
なんと目覚まし時計が鳴ってもいないのに4時にパッチリ目が覚めました。
世界の奇跡が起きたおかげでそこからゆったりとシャワーを浴びて
余裕を持って出発。今回は久しぶりに青春18きっぷを使っての旅です。
常磐線の上野発6:51の電車に乗り込みましたが、
すげーガラガラで拍子抜け。18きっぷシーズンだからちょっと
覚悟はしてたんですけどね。まぁ始発じゃないしこんなものなのかな?
いろいろあって上野駅からは4人でスタート。
ここから目的の木戸駅まではおしゃべりしたり寝たりと
まぁありきたりな展開と言えばそうかもしれませんが、
俺にとっては意外に真面目な話をしてみたりと全然退屈しませんでした。
それにしても途中でどんどんマリサポが集合していくのが可笑しかった。
多分最初から同じ電車に乗ってたりしてるんだろうけど、
乗り換えるときとかに気付くんです。それもユースの試合でいつも
会う人たちばかり。本当にみんな暇なのか単なるバカなのか(笑)
最終的には確か10人で木戸駅に到着。

木戸駅

こじんまりしたいかにも地方の駅という感じ。
個人的には駅員がいるというだけで
十分立派な駅だと思うのは田舎で生まれ育ったせいかな(笑)

電車を降りて一番最初に感じたのは涼しいということ。
太陽が出るとちょっと暑く感じるけど太陽が雲に隠れるとそうでもなく
思ったより選手にとってはやりやすそうなコンディション。
木戸駅からJヴィレッジまでは徒歩で。途中で犬にほえられ
終盤には長い坂道が続きます。途中の景色はこんな感じ。
(これは2日目の帰り道に撮った写真です)

Jヴィレッジへの道

到着時間はちょうど第1試合の最中で見学することもできましたが、
お腹が空いたのでJヴィレッジ内のバイキングへ。
ここにも暇なのかバカなのかわからないマリサポがいました。
俺より早く来たんだから俺よりバカなことは間違いないだろう(笑)
でも愛すべきバカですね。こういう大人になろうと思いました。
バイキングでは前日本代表監督を思い起こさせるブラジル料理なんかも
ありましたがそれは食べないでデザートにコーヒーゼリーを食べました。
はい、どうでもいいですね。

昼食を食べ終わって大分との試合が行われるグラウンドへ。
なんというか谷底みたいなところにピッチがあって傾斜があるのは
まあいいんですが、木が邪魔でピッチの一部が見えない!

見えない

仕方がないのでここにボールが来たときには妄想で補完して
メモを取ることにしました。
そしてついに全クラの初戦がキックオフ。

細かいことはもう覚えていませんが、
前半はそれほど簡単な試合ではありませんでした。
向こうにもチャンスはありましたし。
ただうちは宏太と武田がまさしくキレキレで、後半に入ると
大分を圧倒していました。あと幸田も豊富な運動量で
アップダウンをありえないほど繰り返し、そして時には
逆サイドまでカバーリングに走るなどものすごかったです。
あとサイドからのクロスに飛び込んでくる学の動きの質の高さにも
驚かされます。ああいう飛び出しができる選手はなかなかいません。

ということで結局は快勝ということになりました。

この試合のあとは頭対名古屋を途中まで適当に見て、
そのあとヴェルディと三菱養和の試合に浮気しました。
2点リードされ退場者まで出した三菱養和がドローに持ち込んだのは
素晴らしい戦いぶりでした。最後の引き分け狙いのボールキープなんか
憎たらしいところがありますね。
前にも書いたように三菱養和はいいチームです。

楽しい夜

第3試合まで全て終了したあとはホテルを予約している
いわきまで戻って祝勝会を開きました。
正直前日の飲み会より楽しかっ(以下自粛)

そんな感じで流れるように福島遠征初日は終了です。


横浜F・マリノス 5−0 大分トリニータU-18

<メンバー>

−−−−−−木村勝太−−−−−−
-水沼宏太−森谷賢太郎−斉藤学−-
−−−アーリア−−山岸純平−−−
武田英二郎−−−−−−−幸田一亮
−−−田代真一−−-広田陸-−−−
−−−−−−-佐藤峻-−−−−−−

<得点、選手交代>

公式記録(PDFファイル)を見てください。

<試合の様子>

前半

2分 武田の左クロスに木村が合わせるが左のサイドネット
3分 右サイドからのシュートはゴール右に外れる
4分 右サイドからのクロスのクリアボールを
    ダイレクトでミドルシュートも外れる

5分 中央からのFK 少しボールをずらしてシュートもゴール上に外れる
10分 右サイドからの幸田のシュート GK弾く
13分 右サイド水沼のクロスに学が合わせたがゴール上
15分 ショートコーナーから森谷の左クロスに田代ヘッド
    ゴール右に外れる
17分 右サイドのクロスに中央で合わせるが佐藤がセーブ
24分 水沼の右クロスに学が頭で合わせるもDFに当たる
25分 武田のミドルはゴール右に外れる
27分 森谷の左CKのクリアボールを拾って宏太がミドル
    これが山岸に当たって1点目
35分 水沼にイエロー
39分 中央からのミドルはゴール上に外れる
ロスタイム 田代にイエロー

後半

1分 中央からのFK 少しボールをずらしてシュートもゴール上に外れる
5分 左サイドアーリアからグラウンダーのクロス
    学が受けてワンフェイントの後シュート GK弾く
10分 左サイドで水沼がパスを受けて中に切れ込み
    DFを抜ききる前に思い切ったミドル これが決まって2点目
11分 中央からのシュートは佐藤の正面
11分 左サイドでボールを受けた木村が中央に切れ込み一人交わし、
    ニアサイドをぶち抜いて3点目
14分 山岸が中央でボールカットし左サイドの水沼へ
    GKと1対1になった水沼のシュートはGKが弾く
19分 水沼の左からのクロスに学が飛び込んで右足アウトサイドで
    合わせたがキーパーセーブ
21分 幸田と木村のワンツーから幸田のシュートはGK弾く
32分 端戸の中央からのシュートはミートせずゴール左に外れる
35分 大久保からのパスを受けた水沼がドリブルからシュートを決める
38分 アーリア右サイドを突破したところを倒されてPK獲得
39分 PKはアーリアが自ら左に決めて5点目
at 00:35│Comments(0)TrackBack(0)ユース2006  |

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: