2007年04月25日

プリンスリーグ#3 習志野高校戦

プリンスリーグU-18関東のグループA第3節、習志野高校戦です。
強風の日産フィールド小机で行われました。

横浜F・マリノスユース 2−2 習志野高校

写真撮影恒例の


<得点>

前半10分 (習志野高校)
前半13分 斉藤学(PK)
後半06分 水沼宏太
後半43分 (習志野高校)

<メンバー>

試合開始〜前半35分

−−−−−-端戸仁-−−−−−
-斉藤学-−水沼宏太−曽我敬紀
−−荒井翔太−−佐藤優平−−
金井貢史−−−−−−奥山正洋
−−甲斐公博−−臼井翔吾−−
−−−−−-佐藤峻-−−−−−

前半35分〜後半32分

−−−−−-端戸仁-−−−−−
-斉藤学-−水沼宏太−曽我敬紀
−−荒井翔太−−高久朋輝−−
金井貢史−−−−−−奥山正洋
−−甲斐公博−−臼井翔吾−−
−−−−−-佐藤峻-−−−−−

後半32分〜後半39分

−−−−−-端戸仁-−−−−−
-斉藤学-−水沼宏太−松尾康祐
−−荒井翔太−−高久朋輝−−
金井貢史−−−−−−奥山正洋
−−甲斐公博−−臼井翔吾−−
−−−−−-佐藤峻-−−−−−

後半39分〜試合終了

−−−−−出口将司−−−−−
-端戸仁-−水沼宏太−曽我敬紀
−−荒井翔太−−佐藤優平−−
金井貢史−−−−−−奥山正洋
−−甲斐公博−−臼井翔吾−−
−−−−−-佐藤峻-−−−−−

<試合展開>

前半
06分 中央からのシュートは佐藤の正面
08分 優平からのパスを受けた学のシュートはバーの上
10分 左サイドからの間接FK ゴールに向かうボールを
    佐藤がファンブルし、こぼれ球を押し込まれ習志野が先制

12分 左サイドからPA内にドリブルで進入した学が倒されてPKゲット
13分 PKは学自らが左隅に決めて同点
18分 宏太が中央でキープして優平に横パス
    優平はループ気味のシュートを放つがGK正面
28分 右からのFKを仁が直接ゴールを狙うがGK弾く
29分 CKのこぼれ球を仁がキープしてシュートまで持っていったが
    GKが弾いてCKに逃れる
29分 仁の右CKをGKが弾いたのを荒井が頭で落として
    宏太シュートもGK正面
35分 荒井からのパスを胸でワントラップして
    宏太が強烈なシュートもGKの正面
39分 左サイドから宏太のFKはGKに弾かれるがこぼれ球を
    高久がシュート しかしこれもGKに弾かれそのこぼれ球を
    今度は金井がシュートするがポストに直撃
40分 宏太から右サイドの曽我へパス
    曽我のミドルシュートはバーの上
41分 学が左サイドからドリブルで右に流れ、ファーへのやわらかい
    クロスを送り仁が押し込んだがオフサイドの判定
43分 高久のパスに学が抜け出し相手DFに体を寄せられながらも
    シュートを放ったが惜しくも右に外れる
ロスタイム 右サイド曽我からのクロスに学がダイレクトボレーを
       放つがミートせず

後半
01分 宏太から右の曽我へパス 曽我は後ろから走りこんできた高久に
    ボールを預けるとエンドライン際までドリブルした高久は
    もう一度曽我へパス 曽我のシュートはバーの上
05分 左サイドへのロングフィードに追いついた宏太が学に落として
    学は中央に切れ込んでからシュートも右のポストに当たる
06分 カウンターからの縦パスを曽我がワンタッチで宏太にパス
    縦に抜け出した宏太はフェイントでDFをかわしてから
    シュートを決めて逆転

12分 やや右からのFKを宏太が直接狙うがバーの上
16分 右サイドの遠い位置からのFK グラウンダーの強いボールを
    いったんクリアしたが習志野の選手の前にこぼれてしまい
    シュートを許す しかしDFがブロックし事なきを得る

18分 学の縦への浮き球パスに曽我が飛び出し中に折り返した
    ボールに仁が合わせたがGKに弾かれる
23分 ルーズボールを仁が拾って金井にバックパス
    金井のシュートはバーの上
28分 右サイドからのCKがファーに流れそれを拾った選手が
    角度のないところからシュート 佐藤がかろうじて触り
    ポストにあたる

31分 学が中央に切れ込み高久にヒールパス
    高久のミドルシュートはGK弾く
35分 学が相手選手にユニを引っ張られながらドリブルで
    中央に切れ込むと松尾に絶好のパス
    しかしGKと一対一になった松尾のシュートはGKに弾かれる
37分 宏太がFKを直接狙ったが壁に当たる
37分 仁のシュートはゴール左に外れる
41分 右サイドに開いた出口のパスを受けた高久がシュートもバーの上
42分 左サイドを突破した仁からの折り返しを宏太が受ける
    完全にフリーの状態で放った宏太のシュートは左に外れる
43分 左サイドからのクロスを佐藤が弾いたがこぼれ球を押し込まれ同点
ロスタイム 右サイド松尾のクロスを仁が頭で合わせるが左に外れる

円陣&土手サポ

<その他雑感>

「決めるときに決めないと痛い目にあう」という典型的な試合でした。
上に書いたのを見ていただければわかるように完全に押していた
わけですが、試合終了間際に決められて痛恨のドローです。
この試合は勝たなければならなかったと思います。

序盤から強風の影響もあってかパスの精度を欠きリズムが
つかめないまま10分に習志野のFK。ゴールに向かっていったボールを
佐藤がファンブルしてしまい詰めていた選手に押し込まれ
先に失点してしまいました。間接FKだったから触らないでそのまま
ゴールに入れてしまってもよかったのに、というのは結果論。
あのボールをキャッチしにいこうとしたことは責められないです。

いやな試合の入り方でしたが失点のすぐ後に学がドリブルで
ファウルを誘いPKゲット。これを学自ら落ち着いて決めて振り出しに。
これで波に乗れたかというとそうでもなくこのすぐ後にミスから
ボールを失い危険なシーンはありました。中盤で相手への
プレッシャーがかからずバイタルエリアで前を向かれるのは
いつものこと。それ以上のチャンスを作って点を取って勝てれば
いいのですがこの日はフィニッシュに問題がありました。

チームとしてはチャンスは作れているし、
その他に学や仁の超絶テクでもフィニッシュまでいけています。
しかし決めることができないのです。得点を決めましたが宏太の
プレーには迷いのようなものが見えました。そこで打てるのに、
というところであまり打ってくれなかったです。
仁も今割とその傾向にあるような。
三菱養和戦は見てないんですがどうだったのかな。

個人でよかった選手を何人か上げると、まずは学。相変わらず
ドリブルで相手DFを切り裂いてました。あと動き出しもいいです。
学もポストに当てちゃってましたが、この調子は
持続していってもらいたいです。

次は荒井。彼は開幕前の練習試合からずっと安定したプレーを
見せていて、この日も攻撃の起点として地味ながらよかったです。
西脇不在の中で出番が回ってきている格好ですが西脇とは違った
良さを存分に発揮してレギュラーに定着しています。

あとは高久。この日先発した優平との交代は正直あまり
意図がわからなかった(優平そんなに悪くなかった)ですが、
高久は高久で持ち味のパスでチャンスを演出していました。
シュートの意識も高いので本来は2列目の方が生きる選手だと
思いますがボランチも徐々に板についてきたかもしれません。

その他では2点目のアシストをした曽我もスピードとテクニックを
兼ね備えた理想的なサイドアタッカーですし、高いポテンシャルを
持った選手は多いわけです。それでも勝ちきれなかったのは
2年生主体のチーム故の不安定さなのでしょうか。
こういう厳しい経験を通して逞しいチームになっていってほしいです。
次節は5月3日に千葉県の東総運動場で鹿島学園と対戦します。
同じ日に行われるトップの川崎戦ともはしごできるそうなので
ぜひスタジアムに運んできてください(松田風)
交通手段について詳しくはこちらでどうぞ。

最後に特に意味はありませんが久しぶりに試合に出た出口と、
習志野高校のCK時の嫌がらせ的なポジショニングの写真を
なんとなく貼っておしまいです。それではごきげんよう。

出口いやがらせ
at 02:18│Comments(1)TrackBack(0)ユース2007  |

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by (○・ω・`○)   2007年04月26日 00:26
優平最近調子どうですか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: