2007年05月05日

プリンスリーグ#4 鹿島学園戦

トップの川崎戦の余韻を楽しみながらのユースレポです。
東総運動場で行われたプリンスリーグ第4節鹿島学園戦を見てきました。

横浜F・マリノスユース 6−1 鹿島学園高校

円陣

<得点>

前半06分 端戸仁
前半24分 斉藤学
前半44分 水沼宏太
後半07分 水沼宏太
後半13分 (鹿島学園)
後半29分 水沼宏太
後半44分 出口将司

<メンバー>

試合開始〜後半16分

−−-端戸仁-−-斉藤学-−−
高久朋輝−−−−−水沼宏太
−−西脇寛人−荒井翔太−−
岡直樹−−−−−−奥山正洋
−−金井貢史−甲斐公博−−
−−−−−佐藤峻−−−−−

後半16分〜後半18分

−−-端戸仁-−-斉藤学-−−
曽我敬紀−−−−−水沼宏太
−−西脇寛人−荒井翔太−−
岡直樹−−−−−−奥山正洋
−−金井貢史−甲斐公博−−
−−−−−佐藤峻−−−−−

後半18分〜後半25分

−−-端戸仁-−-斉藤学-−−
曽我敬紀−−−−−水沼宏太
−−西脇寛人−佐藤優平−−
岡直樹−−−−−−奥山正洋
−−金井貢史−甲斐公博−−
−−−−−佐藤峻−−−−−

後半25分〜後半30分

−−-端戸仁-−-斉藤学-−−
曽我敬紀−−−−−水沼宏太
−−金井貢史−佐藤優平−−
岡直樹−−−−−−奥山正洋
−-成田進太郎-甲斐公博−−
−−−−−佐藤峻−−−−−

後半30分〜後半38分

−−-端戸仁-−出口将司−−
曽我敬紀−−−−−水沼宏太
−−金井貢史−佐藤優平−−
岡直樹−−−−−−奥山正洋
−-成田進太郎-甲斐公博−−
−−−−−佐藤峻−−−−−

後半38分〜試合終了

−−亀谷賢秀−出口将司−−
曽我敬紀−−−−−水沼宏太
−−金井貢史−佐藤優平−−
岡直樹−−−−−−奥山正洋
−-成田進太郎-甲斐公博−−
−−−−−佐藤峻−−−−−

<試合展開>

前半
06分 学が相手DFにプレッシャーをかけてボールを奪う
    仁がかっさらってGKとの一対一を決める

08分 西脇が中盤でボールを奪ってすぐにロングシュートもGKキャッチ
21分 左サイドの宏太から大きなサイドチェンジ
    大外でボールを受けた高久のシュートはバーの上
24分 奥山からのロングボールがワンバウンドしてGKとDFの間に
    落ちたところを学が詰めていてボールを奪い、
    無人のゴールに頭で押し込む

28分 仁の右CKがクリアされ自陣で待っていた岡のところへ
    岡のクリアボールが仁に渡り右サイドから折り返す
    中央で待っていた宏太のシュートはバーの上
29分 左サイドからの金井のFK 不十分なクリアを高久がヘッド
    宏太が詰めていたがゴール左に外れる
33分 左からのFKを直接狙うが惜しくもサイドネット
38分 右からのFKを直接狙うがバーの上
39分 右からのクロスに頭で合わせたが佐藤がキャッチ
43分 高久のパスを受けた左サイドの仁がドリブルから
    シュートもGKが弾く
44分 左サイドでのスローインをキープした仁が学にヒールパス
    ボールを受けた学もヒールパスで宏太へボールが渡る
    宏太は左サイドの角度のないところから左足を振りぬき
    豪快に右のサイドネットに突き刺す

44分 仁のミドルシュートはGKがセーブ

後半
01分 荒井が相手からボールを奪って右サイドの学へパス
    学のドリブルからのシュートはGK正面
02分 鹿島学園に退場者
05分 学が中盤でボールを奪ってすぐさまロングシュート
    GKはビスティングでCKに逃れる
07分 カウンターで右サイドの高久から大きなサイドチェンジ
    大外に走りこんだ宏太が受けてミドルシュートを放つと
    これが右隅に決まる

08分 学が左サイドをドリブル突破から一つフェイントを入れて
    中央の仁に折り返し シュートはGKに弾かれる
09分 奥山のダイアゴナルパスを仁がワントラップしてミドル
    ゴール右に外れる
11分 岡の左からのクロスにニアサイドの仁がヘッドも左に外れる
13分 中央から右にスルーパスが通りドリブルで佐藤までかわされて
    シュートを決められる

15分 中央でスルーパス
    飛び出す佐藤より先に触ってのシュートは右に外れる

17分 中央の仁から右サイド走りこんだ宏太へ
    宏太の角度のないところからのシュートはGK弾く
29分 金井が右サイドで一人かわして折り返したボールを
    宏太が右足でダイレクトで叩き込む

31分 右サイドでの仁のドリブルが相手に止められたが
    こぼれ球を宏太が拾ってシュート しかし左に外れる
33分 仁の左CKに金井が頭で合わせたがバーの上
34分 カウンターから仁のパスを受けた出口が
    ドリブルからシュートを放ったがバーの上
37分 ミスからボールを奪われて右サイドからシュートを打たれたが
    甲斐がカバーしてブロック

42分 宏太の縦パスを出口が受けて反転 前を向いてドリブルから
    シュートを打ったがGKが触ってゴール左に外れる
44分 亀谷の左サイドのドリブルからのシュートはDFに当たったが
    フリーの出口の前にこぼれて出口が左足で決める


<感想>

この日は前節まで共に3連勝していたヴェルディと市立船橋の
直接対決がマリノスの試合の前に東総運動場で行われましたが、
引き分けに終わったということでマリノスとしては
どうしても勝って上位との勝ち点差を詰めたい試合となりました。
天気は日差しが強く選手達にもサポにもありがたくない暑さでした。

この一戦に臨むに当たってマリノスは選手を入れ替えてきました。
これまで左SBで起用されてきた金井をCBに入れて、左SBには
一年生の岡を使ってきました。もちろん練習でも試していた形ですが、
驚きました。抜擢といってよいでしょう。
さらに中盤ではキャプテン西脇が負傷から待望の復帰。
そして前線では今回学を仁と並べて2トップの形でした。

試合は早い時間に動きました。学が相手DFがもたついているところに
プレッシャーをかけに行き仁のゴールが生まれました。
相手のミスをついて効率よく先制し、この後しばらくは
特にチャンスを作れませんでしたが、復帰した西脇が非常に
効いていて次々とボールを奪うことができ相手にもチャンスらしい
チャンスを作らせることはありませんでした。
鹿島学園の最終ラインはミスが多くマリノスの2点目も
ミス絡みでの失点でした。その後劣勢でもセットプレーから
惜しいシュートを放つなど反撃を見せましたが、前半終了間際に
宏太の豪快なシュートが決まって3-0で折り返し。
この一点は非常に大きかったと思います。2-0で終わるのと
3-0で終わるのでは大違いです。それにしても宏太のシュートは
鋭いシュートでした。

それでも後半開始して鹿島学園は立て直して前からプレッシャーを
かけてきましたが、すぐに鹿島学園には試練が訪れます。
右SBに入っていた阿渡(JY追浜出身)がこの日二枚目のイエローカードを
受けて退場してしまいました。すると後半7分にはカウンターから
高久が素晴らしいサイドチェンジを見せ、受けた宏太が右足で
これまた素晴らしいミドルシュートを右隅に決めて追加点。
鹿島学園にとっては一人少ない上にあの暑さでは
マリノスの一方的な展開になることを期待したのですが
後半13分にまずい守備から失点。バイタルエリアに侵入してきた
選手をフリーにさせてはいけません。

この後マリノスは中盤、前線の選手を交代させて活性化を狙います。
復帰戦としては上々の出来だった西脇も交代。
それに伴いボランチに上がった金井のパスから追加点が生まれました。
マリノスでは恐らく初めてだったCBも無難にこなしていましたし
ボランチでもいい仕事をしました。金井のサッカーセンスには
まったく感心させられます。いや、でもやっぱりベストはSBだと
思うんですがね。まあその辺はチーム事情なんでしょう。

試合もほとんど大勢が決し最後に投入されたのは新加入の亀谷。
縦への突破力が魅力の選手で、時間は短かったですがいいプレーを
見せていたと思います。ロスタイムの出口のゴールも亀谷の
積極的なシュートがあってこそでした。もっと長く見てみたい選手です。

試合終了後

結果的には6-1とスコアだけ見ると大勝ですが、内容的にはもっと
やってもらわないと困ります。持っている力をすべて出せた選手は
正直いなかった。相手のミスや退場で楽な展開になっただけでしょう。
好材料は西脇の復活だけだとあえて厳しいことを言ってみます。
次節はヴェルディとの大一番です。ここで勝たないと優勝は
大きく遠のくと言って間違いありません。あいにくトップの鹿島戦とは
はしごできない日程になっていますが都合のつく方はぜひ
6日の11時にヴェルディグラウンドに来て頂きたいと思います。

ではこの辺で。
at 01:47│Comments(0)TrackBack(0)ユース2007  |

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: