2007年08月18日

北海道国際ユース U-16日本代表vsU-16北海道選抜

まもなく名古屋戦というのに私はなぜ北海道にいるのでしょうか。
昨年に続き北海道国際ユース見に行ってまいりました。
去年はマリノス勢は誰も選ばれてなかったのでフラっと立ち寄った
程度でしたが今年は3人選ばれたので筆者の入れこみようも違います。
会場の厚別公園競技場はなんといっても(実)家から遠く途中で
寄り道したら片道4時間半ぐらいかかってしまいました。
多分東京から行ってもあんまり変わらないんじゃないかな(笑)
厚別に着いたらマリサポが一名すでにスタンバイしてました。
前日までに全クラU-15で新子安も追浜も負けてしまっていたので
これは想定内。てかもう一人ぐらいいると思ってたのが本当のところ。

北海道国際ユースサッカー大会というのはU-16の大会でして、
今回の参加チームは
サンパウロFCU-16、U-16日本代表、北海道選抜U-16
1860ミュンヘンU-16、ソウル特別市選抜U-16、北海道代表U-16
の6チームです。そして上の3チームと下の3チームでそれぞれ
リーグ戦を行って最後に順位決定戦をやるという流れです。
で今回見てきたのはU-16日本代表の初戦である北海道選抜U-16戦です。
厚別に着いたらすでにスタメンが発表されてまして、こんな↓感じ
マリノスからは岡と凌河がスタメンで大希がベンチでした。

−−神田圭介−−堀米勇輝−−
関原凌河−−−−−−古田寛幸
−−都並勇太−−椎名伸志−−
岡直樹−−−−−−−岩本智裕
−−脇元皓暉−−茨田陽生−−
−−−−−川浪吾郎−−−−−

マリノス以外の選手の所属なんかはこちらで見てください。

凌河岡

そして選手入場。岡と凌河の代表ユニ姿を初めて見ました。
そして国際試合ということで試合前は君が代、
代表にマリノスの選手がいて、君が代が歌えるってのは嬉しいですね。

集合写真

ということで試合開始。
立ち上がりはかなり酷かったです。みんなミスばかりだし、
特にボランチと最終ラインの連携がやばかった。
ボランチが二人とも上がっていってカウンターで
そこのスペース使われたり、なんでもないところでCBが
マーク外してスルーパス通されたり。
日本代表が寄せ集めの急造チームだということがバレバレ。
急造なのはやむを得ないんだろうけどもうちょっと
やりようがあるのでは(苦笑)
それでも前半半ばぐらいになってくると代表の支配率も
上がってきてほぼ互角の勝負になってきました。
するとマリノス勢も持ち味を出してきて、凌河は2度ほど
ロングフィードからのいい飛び出しがありました。
1度はトラップがハンドの判定でもう一回は中央に折り返したけど
中に合わせる人が誰もいなかったです。
岡はオーバーラップして中央に切れ込んだりしてましたが
特に目立った動きはなし。クロス上げたのも覚えてないです。

そんなグダグダな前半は終了。気温も気のせいか寒くなってきました。

大希

後半になってメンバー交代。2トップの神田と堀米に代えて
大希と坂田が入りました。大希は2トップの左に入ったので
マリノスの3人が北海道選抜の左サイドを蹂躙する夢を見ました(笑)
後半は前半よりもマシになって、ボランチもいくらか
リスクマネージメントするようになりました。
ただマーキングが甘いのは相変わらずだったし、3番の茨田くんが
気がついたら上がっていくんですよ。まあ3番だからいいか(笑)
後半は代表がゴールラッシュ。まず後半13分、凌河が左サイドから
ショートコーナー、椎名が一旦キープしてもう一度凌河へ。
凌河のクロスに脇元が頭で合わせて日本代表が先制。凌河1アシスト!
続いて後半20分にはカウンターで大希が左サイドでボールを受けると
DFを振り切って猛然とドリブル。横に凌河が併走していたけど無視して
フェイントから逆サイドのサイドネットに流し込んで大希ゴール!!
大希の一番得意な形でした。これは気分がいいですね!

大希得点後

さらに後半24分には椎名がボールカットからすばやく前線へパス。
これに抜け出した坂田が決めてあっという間に3-0。これで勝負あり。
もうここからは3人のプレーを堪能するのみですが、アクシデント。
3点目の直後に凌河が相手のタックルで右の脛を打って一度は
ピッチに戻ろうとしましたが結局ダメで後半29分に交代。
続いて岡が左の足首を踏まれた(?)か何かで後半35分に交代。
交代してからは二人仲良く座って観戦。試合後には笑顔も
出ていたので多分大丈夫だと思いますがちょっと心配ですね。
怪我だけは本当に勘弁してほしいです。

仲良く観戦

試合は終了間際に脇元がPA内で北海道選抜のFWを倒して一発退場。
PKも決められて結局3-1で日本代表の勝ちとなりました。
大希は試合終了までプレーしました。

マリノスの選手ばっかりじゃなくてほかの選手も触れとく?
ま、いらないと思うけどいちおう。
代表で一番よかったのは地元コンサドーレユースの古田でしょう。
レフティーだけどほとんど右サイドでプレーしていて、
ドリブルでの突進力がありました。あと中に切れ込んでのシュートも
なかなかいい。今後もちょっとチェックしておきます。
後は青森山田の椎名ぐらい。テクニックはあるけど試合でのできは
いまいちでした。都並の息子はぜんぜん印象に残らなかったなぁ。
もう少し見てみないとわからないですね。


ということで1日目終了。
at 14:59│Comments(3)TrackBack(1) |

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. プレイバック 2007年8月17、18日  [ やりかけの未来 〜横浜F・マリノス、愛媛FC下部組織 ]   2008年01月21日 20:10
2007年のベストテンをやろうと思いつつ、まだ書いていないU-17ワールドカップ前後の観戦記が先だと思いつつ、年末年始はネット環境のない地で過ごしたため未だ書いてなくて、それでもDASHのユースアウォーズ締め切りまでにはやらねばと思いつつ、今更随分前の観戦記なんか...

この記事へのコメント

1. Posted by ◇   2007年08月18日 18:20
北海道まで行かれるなんて!!うらやましいです。私の分まで応援してくださいね。
2. Posted by fudie   2007年08月19日 22:36
来年もレポよろしく。あの子が選ばれたら自分で行くかもしれないけどね。
3. Posted by こいちゃん   2007年08月21日 02:19
この時期の北海道は横浜に比べたらさわやかで過ごしやすいのでぜひいらしてください。最高ですよ。
お盆なのでお金がかかりますけどね…
俺は誰でもいいから一人マリノスから選ばれればいいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: