2009年09月27日

Jユースサンスタートニックカップ 川崎フロンターレU-18戦

9月27日(日) 13:00 KICK OFF(45分ハーフ)
@等々力陸上競技場

横浜F・マリノスユース 0-2 川崎フロンターレU-18

<得点>

前半18分 川崎
後半08分 川崎

<メンバー>

(マリノス)

前半

−−−−−榎本大希−−−−−
小野裕二−高橋健哉−関原凌河
−−後藤拓斗−−小野悠斗−−
岡直樹−−−−−−−保田隆介
−−−早田廉−−樋川愛輔−−
−−−−−鈴木椋大−−−−−

後半開始〜後半26分

−−−−−関原凌河−−−−−
小野裕二−高橋健哉−−松本翔
−−後藤拓斗−−小野悠斗−−
岡直樹−−−−−−−保田隆介
−−−早田廉−−樋川愛輔−−
−−−−−鈴木椋大−−−−−

後半26分〜後半35分

−−−−−関原凌河−−−−−
小野裕二−高橋健哉−−松本翔
−−後藤拓斗−−小野悠斗−−
星雄次−−−−−−−保田隆介
−−−早田廉−−樋川愛輔−−
−−−−−鈴木椋大−−−−−

後半35分〜試合終了

−−−−−関原凌河−−−−−
小野裕二−高橋健哉−−松本翔
−−澁谷元気−−小野悠斗−−
星雄次−−−−−−−保田隆介
−−−早田廉−−樋川愛輔−−
−−−−−鈴木椋大−−−−−

(フロンターレ)

スタメンのみ

−−仲川輝人−−川越勇治−−
奥沢宏幸−−−−−−−今野順
−−岩渕貴哉−−今野昭−−−
中島明人−−−−−−金原鎬司
−本名正太朗−−萩間大樹−−
−−−−−-内山圭-−−−−−

<試合展開>

前半
16分 右からのショートコーナー 対応遅れグラウンダーのクロスを許す
    中央からダイレクトで右足シュートもバーの上

18分 愛輔がFKをミスキックしてボールがフロンターレの選手へ
    思い切ったミドルシュートが椋大の頭上を越えて左隅に決まる

25分 中央からのFKを直接狙ったが椋大セーブ
32分 拓斗からの縦パスを健哉が受けて反転からシュートもゴール右
33分 右からのCK 中央での混戦になり最後は右サイドにこぼれた球を
    シュートもゴール右に外れる

36分 カウンターで拓斗から右サイドの大希へ
    大希から大きなサイドチェンジで凌河へボールが渡る
    凌河はドリブルで縦に抜けて角度のないところから左足で
    シュートを打つがDFに当たってゴール右に外れる
38分 左サイド高い位置でのキープから後ろに下げて
    右足でミドルシュートもバーの上

ロスタイム 裕二左サイドから切れこんでPA内に進入も二人がかりで
    止められる こぼれたボールを凌河が拾ってシュートも
    バーに当たる

後半
06分 カウンターで中央を裕二ドリブルから左サイドを走る岡へパス
    岡のシュートはゴール左に外れる
08分 右からのCK マリノスDFクリアしきれず浮いたボールを
    左足でダイレクトボレー ゴール右隅に決まる

14分 やや左からのFK 直接狙ったが椋大がキャッチ
22分 翔が前線でのチェックでボールを奪い裕二へボールが渡る
    裕二からのスルーパスがDFに当たり翔の前にこぼれる
    翔のドリブルからのシュートは右のサイドネット
25分 左からのクロス クリアしきれなかったボールを
    中央の選手がシュートもゴール左に外れる

29分 右サイドから健哉が中央に切れこみ縦にパス
    そこに飛び込んだ翔がつぶれてこぼれたボールを
    裕二が拾ってシュートも右のサイドネット
31分 翔がやや左サイドの距離のある位置からブレ球FK
    これはゴール右に外れる
36分 裕二が右からのサイドチェンジパスを受けて
    中央に切れこんでシュートもGKの正面
37分 左サイドの悠斗から右サイド翔にサイドチェンジ
    ドリブルからのシュートはDFに当たる
41分 DFの連携ミスからボールを奪ってシュートを放つが椋大の正面
42分 カウンターから悠斗のロングボールを右サイド凌河が受けて
    中央の裕二へパス 裕二のシュートはGK弾く
44分 翔の左CKに愛輔が頭で合わせるもゴール右に外れる



高円宮杯の合間にサンスタートニックカップが開幕。


前半開始直後はマリノスがボールを回し、フロンターレ陣内に攻め込む。
細かいワンツーもあれば、奪ってすぐに長めのボールもある。
しかしエリア内まではボールが運べない。特にチャンスらしい
チャンスは作れていなかった。マリノスの選手たちはあまり
気持ちが乗っていないように見えた。来週は高円宮杯の準々決勝だ。
前半16分、ショートコーナーに対してチェックが遅れファースト
シュートを許す。このあとフロンターレはスピードのある2トップを
生かすべく奪ったら早めに縦にボールを送り裏を狙う。これには
早田、愛輔のCBコンビも手を焼いていた。
フロンターレはディフェンス面でも前からのチェックが早い。

前半18分、フロンターレの選手がオフサイドになり、愛輔がリスタート。
しかしこれがミスキックとなり、相手選手へプレゼントパス。
思い切ったロングシュートが左隅に見事に決まる。素晴らしい
シュートで決めた選手を褒めるべきではあるが、やはり愛輔あれは
頂けない。終わったことはしょうがないから、次に生かそう。
今日は高い位置でボールが落ち着くポイントがあれば攻撃面では
少し違ったか。あまじゅんはどこへ行った。

後半は早々に失点してその後慌ててしまったかプレーの精度が
更に下がってしまった。後半フロンターレも運動量が落ちて
オープンな展開になった時間もあっただけにもったいなかった。
結局点を取れずに終了。完敗といっていいだろう。
いいプレーを選手は一人もいなかった。
高円宮杯は見に行けないのでハラハラしながらよい知らせを
待つことにする。


at 18:41│Comments(0)TrackBack(0)ユース2009  |

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: